luciRのこだわり。かつてない美髪のために3

こんにちは。luciRの吉田です。

part1からのシリーズ、
今回はpart3。luciRのヘアケア、
『他のトリートメントとの違い』です。

初めに述べなければいけないのは、決して他のトリートメントを否定するわけではないとゆう事。

ヘアケアを考える上で様々な考え方があり、あくまで私の考えでのヘアケアの理想の話です。

まずはこちらを
左がluciRのヘアケアのビフォア、右がアフターです✨カットとカラーもしていますが、とにかくツヤツヤ、柔らかさとしなやかさが伝わってくる仕上がりです^ ^

このケアの秘密をここから、、、

前回ご紹介したこちらをご覧ください。
毛髪の成分をグラフにしたものです。
70パーセントを占めるのがケラチンタンパク質✨
もう一箇所、太字になっている3.5パーセントのゾーン。ここが今回のポイントです。

毛髪の3.5パーセントの部分を『CMC脂質』
と言います。簡単に言うと、『油分』です。

従来のシステムトリートメントはこの油分を補うことを目的としていました。
以下詳細説明です^ ^

従来型システムトリートメント
目的:質感ケア(キューティクルケア)
主役:CMC
ケアエリア:コルテックスエリア
ケア内容:CMC補給をメインに水分、油分のバランスを整える。ケラチンによるキューティクルケアも少し。
効果:表面のツヤ、手触りの回復


悪くはないですね^ ^
従来型のシステムトリートメントの良いところは、わかりやすさ、手軽さ、といったところでしょうか。
でもでも皆様、こんな経験ないですか?
サロンでトリートメントした時はツヤツヤサラサラだけど、効果が長持ちしなーい!!!

それはなぜか、、、、
3.5パーセントしかケアしてないからです!!!

luciRのヘアケアは毛髪の大部分を占める
『ケラチンタンパク質』をケアしていきます!
以下詳細説明です。

luciRのシステムトリートメント
目的:髪質ケア(フィブリルケア)
主役:ケラチン
ケアエリア:コルテックス、メデュラ、キューティクル
ケア内容:ケラチンタンパク質を形成し、繊維質を補強しつつ、CMCを含めた水分、油分のバランスを整える。
効果:毛髪強度回復、髪質改善


どうでしょうか❓違いはわかりますか^ ^❓

3.5パーセントを改善するより、70パーセントを改善した方が効くに決まってる!!
ただそれだけです^ ^


70パーセントの部分をケアしていくので、効果、持続性共に従来型にはない質感に仕上がります。

話が長いと有名な私です笑

理論も大事ですが、一見にしかず!!

このツヤ、手に入れてみませんか^ ^❓



0コメント

  • 1000 / 1000